ほほ生む医者と患者

正常な身体に戻す

肺腺がんと診断されて、絶望的になっている人も多いでしょう。こちらを見れば、がんを治せるという気力が湧いてきますよ。

脊髄の症状は自分自身で気づくことが難しいので、日頃から身体の変化を意識することで小さな変化でも見つけることができます。
病気の中には後縦靱帯骨化症がありますが、この症状は何らかの原因で身体の中にある靭帯が炎症を起こして硬くなってしまいます。
靭帯が硬くなることで自然と骨髄が圧迫されてしまうので、背骨や身体全体に痛みを感じてしまうのです。
初期症状だけでは後縦靱帯骨化症だと判断することが難しいため、詳しい検査をして病気の判明をしなければなりません。
この症状を特定するためにはX線検査が一番で、一般的にはX線検査をすることで診断できます。
その人に症状によっては病気の断定が難しいので、さらに詳しく検査をするためにCTやMRIなどを使って調べられます。

この病気は治療法が確立していないため必ず改善できるというわけではありません。
完治をすることはできませんが、予防をすることができるので日常生活の中で気をつけることで症状の悪化を防ぐことができます。
この症状に悪いとされている行動は首を反らせないことで、日常生活でこの行動をすると身体を傷つけてしまいます。
脊髄の症状が悪くなるとさらに身体へ負担をかけるので、これ以上負担をかけないように生活で気をつけていれば予防することができます。
またこの症状は手術でも予防することができるため、専門医と相談をして最適な治療法を見つけ出す必要があります。
手術をすることで進行している症状を緩和することができるので、一般療法の他にも手術を行なうことで負担軽減に繋がります。

普段の予防

後縦靱帯骨化症を予防していくためには日常生活で身体に負担をかけないようにすることが大切です。転ぶだけでも場所が悪ければ脊髄を傷つけてしまう可能性があるので注意が必要です。

Read More

診断をする

普通に生活をしていても後縦靱帯骨化症を自分自身で把握することが難しいので、専門病院で詳しく検査をする必要があります。基本的にはX線検査で特定できますが、その他にも様々な検査を行います。

Read More

経過観察

後縦靱帯骨化症の病気は完全に完治することができないため、慎重に治療を行なっていくことで身体の症状を少しずつ改善していくことができます。適切な治療を行なうことで症状改善を目指すことができます。

Read More

手術をする

一般的な療法を行っても症状を遅くしてしまうだけなので、後縦靱帯骨化症の症状で日常生活に支障が出るときは手術をする必要があります。手術前にはカウンセリングを行なって手術法を決めていきます。

Read More

進行を食い止める

後縦靱帯骨化症の進行を食い止めるときには手術をすることで症状改善が目指せます。手術をすれば現在感じている症状の緩和ができるので、一般的な療法で難しいときは手術の選択をしなければなりません。

Read More

切開治療

後縦靱帯骨化症が悪化した場合、その治療として1番有効なのは切開です。手術によって骨になった邪魔な部分を除去し、神経や周辺組織の変形圧迫をなくすようにしていきます。

Read More